• HOME
  • コースのご案内

コース案内

地球環境科学コースでは,1年から4年の各学年で,一般教養,理学分野の基礎,地球科学分野の専門へと,各学年の教育目標に応じたカリキュラムが設定されています.詳細は入学時に配布される履修要項に記載され,その年の各授業の内容については、茨城大学ホームページのLiveCampus上にあるシラバス(授業概要)に紹介されています.

1年次には,基盤教育科目として大学入門ゼミ「地球環境科学の学び方」という最も基礎的な科目を学びます.前半の5月には,野外地質学(フィールドジオロジー)入門として,茨城県を代表する観光地でもあり,地質学的に重要な北茨城市五(い)浦(づら)海岸と筑波山にでかけ,地層や岩石の調査・観察法の基礎を習得します.後半は3クラスに分かれて,文献検索法,レポートの書き方,プレゼンテーションの手法,観測データの統計処理法の基礎を学習します.

写真
地質巡検,北茨城市五浦海岸

2年では地球科学の様々な分野の基礎知識を学びつつ,実験実習が始まります.特に9月に行っている,「地質調査基礎演習」では野外地質調査の仕方を,茨城県大子町の茨城大学大子合宿研修所に宿泊して学びます.班別での調査もあり,10日におよぶ実習を通してクラスの結束が固まり,級友同士の交流が深まります.
地球環境科学入門I,II」は地球環境科学コースの概要がわかるオムニバス形式の講義です.前期のIでは,教員の顔ぶれと専門分野がわかるよう,各教員が1回ずつ担当して研究内容や研究室の紹介をします.後期のIIでは,コースの3分野毎の卒業研究の内容や,進路・就職状況などが紹介されます.特にその後半では,各分野の博士前期課程の大学院学生が各自の研究紹介に加え,就職体験や成功例を紹介しています.さらに社会で活躍するOB/OGを呼んで,卒業後のキャリアパスや経験など思いの丈を自由に語ってもらう場を設けています.そのうちの少なくとも一人は,技術士の資格を取得して地球科学関連企業の第一線で活躍する技術者を選んでいます.
2年生は,この「地球環境科学入門I,II」やほかの専門科目を通して,3年以降に所属して学習・研究を進めていく専門分野(地質・岩石鉱物学分野,地球物理学分野,惑星科学分野)の選択を考える1年ともなります.また,コースに設けられた2つのプログラム,「地球惑星科学プログラム」とJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を得た「地球科学技術者養成プログラム」とのどちらかを選ぶことにもなります.

3年次は,専門的教育を受けると同時に,課題解決型の演習や,研究に直結する実験,実習が本格的に行われ,カリキュラム上はさらに忙しくなります.まず,2年次に履修した「地質調査基礎演習」をより発展させた「地質調査発展演習」を7月と8月に行います。特にフィールドワークの技術修得を重視する地球科学技術者養成プログラムでは必修です.3年,4年向けに開講される「地球科学巡検I, II, III, IV」(I,IIとIII,IVを1年おきに実施)および「地球科学特別野外実習」は,地球科学技術者養成プログラムの場合は3科目以上,地球惑星科学プログラムでは1科目以上を受講することになっています.野外の現場で直に学ぶという,本コースのカリキュラムの特徴ともなっています.4泊 5日の日程で,栃木・群馬の火山や関東山地や日立山地の深成岩に変成岩,房総半島の新生代の地層,北海道の白亜紀の地層などを見学して回ります.

写真 写真
地球科学巡検II,富士山宝永火口 地球科学巡検II,ミーティング

学部最終年次である4年次には,学生個別のテーマを教員と相談しながら決め,1年間にわたる「卒業研究」に取り組みます.今まで培った基礎知識や技能を総動員して,予め正解のない課題に挑戦していきます.その成果は2月第2週の卒業研究ポスター発表会で披露します.卒業論文を無事提出した学生全員のポスター(A0版)がポスターボードに張られ,その前で約2時間の間,教員や同級生をはじめ3年生以下の学生らの前で,随時研究内容を説明します.また,一人2ページの卒業論文要旨をまとめた要旨集冊子も会場で配布され,コースで行われた卒業研究の概要が一覧できます.発表会終了後の集合写真には,時間をかけて苦労してまとめ上げた時に得られる達成感と自信が,垣間見えています.
4年の課程を修了して卒業する学生のうち,1/3ないし半数近くは,大学院博士前期課程へと進学し,さらに研究活動を深めていきます.2年間かけて蓄積した成果は修士論文発表会の場で,学術学会のように一人20分で,堂々とした口頭発表が行われます.2014年度は改修・増築なって間もない附属図書館のライブラリーホールで行われました.
卒業式の終了後には,博士前期課程,博士後期課程の学生を含めて,コースとして記念撮影を行い,大学4年の掉尾を飾る思い出となっています.

写真 写真
卒業論文ポスター発表会 卒業記念撮影

地球環境科学コースを担当する教員の研究室は,理学部のG棟の2階と3階,およびK棟7階にあり,研究用の実験室も主にG棟1〜3階とK棟7階に配置されています.学部4年生と大学院学生のためには,G棟2,3階に5部屋,K棟7階に大きな1部屋の,院生学生室があり,研究室単位で分かれて学習する机とスペースが確保されています.
2014年6月より,G棟1階玄関脇の環境教育ラウンジ(G110)を,地球環境資料展示室として公開しています.これは,大学開設以来の教育研究・卒業研究・修士研究などで収集・調査・収蔵してきた鉱物・岩石・化石標本をはじめとする資料を展示したものです.茨城県内はもとより全国や海外各地の多くの標本が,詳しい説明(キャプション)のラベルとともにガラスケースの中に陳列されています.また,本コースの学生を中心とする,茨城大学地質情報活用プロジェクトのメンバーによる,茨城県北ジオパークの活動を紹介するコーナーや,日本の地震活動分布や太陽活動などを紹介するポスターコーナーもあります.平日の午前8時40分から午後6時に開室していますので,是非お立ち寄り下さい.

写真
地球環境資料展示室

カリキュラムおよび履修要項

カリキュラムおよび履修要項については,こちらのリンクをご参照ください.

教育改善への取り組み

教育改善への取り組みについては,こちらのリンクをご参照ください.