• HOME
  • 受験生の皆様へ

受験生の皆様へ

地球環境科学は、46億年の悠久の地球史を追い求めるロマンと、環境問題や防災への対応を通じた社会貢献の両側面を持っています。本コースは、地球が大好きな人や明日の地球環境を真剣に考えたい人にはうってつけのコースです。高校で地学を学習している学生はもちろんのこと、学習していない学生のことも十分に考えて、初歩から理解できるようにいろいろ工夫をしています。具体的には、地震、化石、地層、火山、岩石・鉱物、隕石、気象、惑星、地球環境、水環境など、広い分野を学ぶことができます。講義だけでなく、野外における調査・観測や室内での実験もたくさん組み込まれています。直接、自然に接しながら勉強したい人や実験が大好きな人を大いに歓迎します。楽しみながら勉強している内に、将来、社会で活躍できるような実力が身に付けばこんなにすばらしいことはないと思います。地球と人類の未来に関わる問題を一緒に考え、勉強しましょう。 なお、いくつかの特定の科目を学習すれば、教員免許、測量士補、技術士補などの資格も取れます。これらは、皆さんが卒業後、教員や技術者として活躍するために必ず必要な資格です。また、大学院に進学して、より進んだ勉強をすることもできます。

教育内容の特徴

地球環境科学は太陽系から地球内部までを幅広くカバーするので、それに見合った多様な授業体系を用意します。また、3年次進学時に地球惑星科学プログラムと地球科学技術者養成プログラム(JABEEプログラム)の2つに分かれることも本コースの特色の一つです。

カリキュラムおよび履修要項

カリキュラムおよび履修要項については,こちらのリンクをご参照ください.

主な研究テーマ

地球環境科学コースを担当する教員の主な研究テーマです。多様なテーマの中から皆さんが興味を持つものを見つけて下さい。 (教員一覧へリンク

コース修了後の進路

本コース修了生の進路は、以下のとおりです。例年、学部卒業生の約半数が就職し、残りの学生が大学院などへ進学しています。

“卒業生の就職状況(学部生)”

“卒業生の就職状況(博士前期卒の大学院生)”

地球環境科学コースに進むには

本コースでは、地球環境科学に興味のある人、意欲のある人を広く募集します。高校で履修した理科は、化学・生物・物理・地学・理科総合のいずれでもかまいません。この学問分野では、理科全体に共通した論理的思考や基礎的な知識に基づいて、地球環境や惑星に関する課題に挑むからです。地球環境科学や惑星科学は幅広いので、皆さんの得意科目を活かし、伸ばせる分野が必ずあります。

先輩の声

本コースの担当教員の研究室の学生や卒業生に、大学生活や将来の夢、受験生の皆さんへのメッセージなどを、自由に書いていただきました。

- 受けた恩を回していますか (H11年度理工学研究科博士前期修了:友杉さん)
- 「自ら学ぶ」大切さ (H26年度理学部卒業:田村さん)
- 成績優秀者表彰の受賞挨拶 (H27年度理工学研究科博士前期修了:谷中さん)

Q&A

地球環境科学コースに関する「よくある質問」にお答えします。 (工事中)